カミソリを使用して起こるお肌のトラブルにはいろいろあります

ここではカミソリでムダ毛処理して起こるお肌のトラブルについて説明します

毛穴の赤いブツブツは毛嚢炎(もうのうえん)の可能性が高い!

不衛生なカミソリでムダ毛の処理をしたり、毛抜きで毛を抜いたり、または逆剃りや深ぞりなどが原因で毛穴の内部が

傷ついてそこからブドウ球菌などが侵入し毛嚢炎を発症する。

軽い場合は毛穴の赤みで済みますがひどくなると赤みの中心に膿(うみ)ができた(ニキビに似ている)状態になり

さらに悪化すると化膿することもあります。

特に夏など汗をかきやすいときに多く見られます。

改善策 ムダ毛処理する部位を清潔にしてからワセリンを塗り、衛生的なカミソリで剃る。

逆剃りや、何度も同じところは剃らないこと毛穴が傷つけてしまいます。

肌のカサカサ、痒みが出てきたら敏感肌・乾燥肌かも!

ムダ毛処理を行う時にカミソリの刃で肌の表面の角質や皮脂をそぎ落としすぎたことが原因で保湿力が低下している

状態の肌で改善されない場合は慢性化することもあるのでムダ毛の処理を行った後は保湿成分が入った美容液や

乳液などでスキンケアを忘れずに行いましょう。

毛穴の黒いブツブツ、肌の一部にシミのようなものができたら色素沈着かも!

色素沈着はわきや足などによくみられますこれはシミやそばかす同様のメラニンによるもので肌に強い刺激を与えることで

その刺激を受けたところにメラニンが集中してしまうのが色素沈着の原因です。

改善策 カミソリによるムダ毛処理をするたびに肌が赤くなるようでしたら色素沈着になる前にほかのムダ毛処理の方法

も検討していた方がよさそうです。もし色素沈着しているようでしたらビタミンCが有効です。

ビタミンCを多く含む食事やサプリメント、スキンケア製品を選ぶとよいかと思います。

そのほかにハイドロキノンが配合された化粧品を使うのも有効だと思いますがただし使用するための注意が必要な

化粧品でもあります。化粧品に配合されている程度の量であれば心配ないと思いますが高濃度な製品は逆に白斑が

出来てしまうこともあります。

カミソリで深ぞりすると埋没毛になることも!

毛抜きで抜いた場合によくみられる埋没毛ですがカミソリで深ぞりしても真埋没毛になる危険があります。

カミソリでカットされたムダ毛は毛の断面が鋭く角が立っていますから角が毛穴の中に引っかかりそのまま肌の側面を

貫通して横に伸びていきます。

少しでも長い時間、チクチクしたくない気持ちはわかりますが埋没毛になってしまうと大変ですからくれぐれも深ぞり

には注意してください。