脱毛器を使ってムダ毛処理をしたことで起こる肌トラブル

ほとんどの原因は正しい使用方法で行わなかったことによる

ものですがそれではその肌トラブルとはいったいどんなものか

脱毛器を使用した3つの肌トラブルについてまとめてみました。

一番多い肌トラブルは炎症(肌のあかみ)
脱毛肌トラブル炎症 この赤み炎症(肌のあかみ)の原因は肌に照射されたレーザーが

持っている熱による炎症で軽い日焼けと同じような症状です

レーザーは黒い色(メラニン色素)に反応するようになっている

ため肌が敏感な人はこのような症状があることもあります。

基本このような赤みは心配しなくても問題ありませんが

肌が弱い人は照射レベルを下げて様子をみましょう。

保冷剤などで照射する前に部位を冷やしてから照射すると

効果的ですので一度試してみるといいかもしれません

このような赤みは約1週間程度で引くのが一般的です。

 

脱毛部位で顔脱毛の炎症は注意!

顔の脱毛を行う時はこの炎症には最も注意して脱毛を

したほうがいいと思います。毛穴の赤みや肌の赤みの

影響を一番受けやすい部位が顔ですので外出するときに

困らないよう慎重に自分に合った照射レベルで行い

化粧水や乳液など保湿成分で補うようにしましょう。

 

照射部位の水分が失われることが原因の乾燥肌とかゆみ
脱毛による肌トラブル レーザー脱毛の照射の際に肌の水分が失われることによって

起こる肌のカサカサ感はほっておくと乾燥肌になり

痒みの原因にもなりますのでレーザー照射後は(乳液など)

保湿液で水分を補うことが大切ですよ

これをやっておくかやらないかでかなり違います。

 

脱毛後の炎症や痒みを放置すると色素沈着の原因に!
脱毛が原因の肌トラブル 肌の色素沈着はメラニン色素が増加することで起こる

生体反応です。肌に刺激や負担、そして炎症などを

繰り返すことによって色素の沈着が肌に誘発される

本来の目的であるツルツルの美肌を目指して脱毛したのに

こんな結果になったら目も当てられませんよね

脱毛は急がずマイペースで行きましょう!

 

脱毛器でも埋没毛になるの?
脱毛器で埋没毛になったということは聞いたことないです

原因として毛抜きなどで無理に脱毛した時に皮膚の下に

毛根の部分が埋もれたまま成長した状態で写真のような

黒い点のようなものが皮膚の上から見えます。

脱毛器で施術した場合は毛根から脱毛するので埋没毛

の心配はしなくて良いと思います。

家庭用の脱毛器を使って脱毛する場合の肌トラブルの

原因は脱毛器よりもそれを使い人が原因になることが

多いと思います。

肌に異常を感じていても脱毛を急ぐあまりにレベルを

上げすぎてしまったり、肌が弱い体質なのに脱毛後の

保湿ケアをしなかったりと原因は様々ですが脱毛している

その肌は自分の一部です。

急がずにきれいな肌を目指して脱毛しましょうね